野瀬病院の紹介

日経院長の挨拶

野瀬病院院長  野瀬範久

野瀬病院院長
野瀬範久
(整形外科)

平成22年4月より、実父のバトンを受け病院長に就任して以降、今日まで病診連携、病々連携を念頭に入れ、診療に従事して参りました。

病院創始者・善三郎の「愛情・丁寧・親切」を理念として地域の皆様に親しまれる病院づくりに専心努力をして参ります。

現在、一般 30床、療養 30床、地域包括ケア 30床で運営しており、慢性期医療をベースにリハビリテーションに力をいれております。

わたくしの専門は、整形外科であり神戸市第二次救急病院協議会に参加をし、整形外科救急も担当しております。骨折などの手術及び入院治療、また実弟が循環器内科、従兄弟が泌尿器科を担当し、地域の皆様方にお役に立ちたいと願っております。今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

謹白

平成5年久留米大学医学部卒業。
神戸大学整形外科入局し、一般整形外科、スポーツ外科、脊椎外科、救急外傷などの研修を重ねる。
平成12年整形外科専門医
平成17年脊椎脊髄病医

血液型:A型
星座:双子座
趣味:ラグビー、スキー、ガーデニングなど

スタッフの紹介

会長  野瀬惟久

医療法人社団十善会
会長
野瀬惟久

昭和6年6月 野瀬外科医院(実父・野瀬善三郎)を設立。当時、父・善三郎は、神戸中央市民病院外科医長として勤務する傍ら夜間の診療を行っていました。昭和26年5月医療法人十善会野瀬病院とし、今日に至っております。
「地域に密着した愛情のある医療を提供したい」との思いは、継承されています。

略歴:昭和35年神戸医科大(現神戸大医学部)卒、昭和40年神戸大第一外科大学院卒。昭和63年当院理事長に就任。

趣味:ゴルフ、ジャズ鑑賞、旅行。

 

理事長  野瀬惟清

理事長
野瀬惟清(内科)

昭和38年 神戸医科大学卒業。
昭和43年 神戸大学医学部公衆衛生学大学院卒業。
昭和44年 兵庫県立加古川病院。
昭和46年6月 野瀬病院内科
現在は、産業医として地域の皆様に愛され、親しまれる病院づくりに励んでいます。

血液型:B型 
星座:獅子座
趣味:テナーサキソフォーン演奏、音楽・映画鑑賞

 

副院長  野瀬貴久

副院長
野瀬貴久
(内科・循環器内科)

平成10年関西医科大学医学部卒業。
神戸大学医学部第一内科(循環器呼吸器内科)入局し、兵庫県立柏原病院、明石医療センターにて研修。
その後、神戸大学医学部附属病院循環器内科にて勤務し、循環器集中治療に従事。
兵庫県立柏原病院、済生会兵庫県病院、神戸百年記念病院での勤務を経て現在に至る。

進歩する医学を取り入れ地域に密着した"人に優しい医療"を目指し、地域の皆様の健康を守っていきたいと思います。病気について分からないこと、心配なことがありましたら気軽にお尋ねください。

血液型:B型
星座:射手座
趣味:サッカー、ゴルフ、ダイビングなど

診療部長  野瀬隆一郎

診療部長
野瀬隆一郎
(泌尿器科)

平成11年、宮崎医科大学医学部卒業。
その後神戸大学医学部泌尿器科に入局し、神戸大学医学部付属病院、明石市民病院にて研修。さらに市立加西病院、関西労災病院、神戸医療センター、神鋼病院、神戸赤十字病院と勤務。特に兵庫県立災害医療センターの後方支援病院でもある神戸赤十字病院には平成18年より25年3月まで約7年間の勤務の中で泌尿器科の種々の疾患の診療に携わりました。平成25年4月より野瀬病院に入職。

認定、資格など:日本泌尿器科学会専門医、指導医
血液型:A型
星座:蠍座
趣味:スポーツ観戦、音楽鑑賞など

初めまして、野瀬隆一郎と申します。
私は院長、副院長とは従兄弟の間柄ですが、これまではいくつかの総合病院にて泌尿器科勤務医を務めて参りました。このたび、来年に迫りました病院の新築移転をにらんで、それにかかわるべく平成26年4月1日より入職いたしました。これまではとにかく受診された患者様にどなたでも丁寧に分かりやすく説明し、患者様が納得され治療を受けて頂き、受診されて良かったと思われる診療を心掛けて参りました。この姿勢はこれからも変えることなく新たに当院での診療にあたっていきたいと考えております。泌尿器科は当院では新たな立ち上げからのスタートになります。今後はこの長田の地で地域の方々のお役にたてるよう頑張ります。よろしくお願いします。

 

藤代高明

藤代高明
(整形外科)

平成9年 神戸大学医学部卒業
平成16-18年 米国クリーブランドクリニック留学
平成20年 北海道、我汝会えにわ病院勤務
平成21年 神戸大学整形外科、助教
平成24年 神戸大学整形外科、股関節班チーフ
平成27年 高槻病院関節センター、副センタ―長

平成27年4月から野瀬病院にて、土曜日の外来、手術を担当させて頂いています藤代高明と申します。

私は15年にわたって神戸大学病院整形外科にて関節外科、主に股関節外科を専門としてきました。特に人工関節は、MIS(最小侵襲手術)として7〜10cmの小皮切で手術し、筋肉を温存し術後の動作制限が必要のない手術を心がけております。何よりこの手術は除痛効果にすぐれ、整形外科手術の中で最も患者満足度の高い手術と自負しております。

For our team! For our patients! が私のモットーです。整形外科治療は理学療法士や看護師などの医療従事者との連携が非常に重要であります。そこで治療チームとして相互に連携を取り、同じ目標を持ってひとりひとりの患者様に喜んで頂けるよう努力致します。

 

野瀬病院の概要

設立理念

初代野瀬善三郎の言葉「愛情・丁寧・親切」が当法人の理念。
そして、下記の基本方針1〜5をもって地域医療に参画しております。

  1. 地域の方々のために良質な医療・看護・介護に努めます。
  2. 患者さんの立場を尊重します。医療方針などの説明を丁寧に行い、適切な医療を選択することができるよう努めます。
  3. チームワーク医療並びに地域連携に努め、快適な医療環境を目指します。
  4. 法人職員として研修と研鑽に努め、デリケートな仕事を行います。
  5. 法人の健全な運営に努めます。

許可病床数

90床(一般病床 30床、療養病床 30床、地域包括ケア病床 30床)

各種届出(厚生労働省が定める掲示事項)

1.基本診療料に関する事項
・一般病棟入院基本料10:1
・地域包括ケア病棟入院料1
・療養病棟入院基本料1
・診療録管理体制加算2
・療養環境加算
・療養病棟療養環境加算1
・感染防止対策加算2
・患者サポート体制充実加算
・総合評価加算
・後発医薬品使用体制加算1
・データ提出加算
・退院支援加算

2.特掲診療料に関する事項
・糖尿病合併症管理料
・ニコチン依存症管理料
・薬剤管理指導料
・別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
・在宅時医学総合管理料
・CT撮影
・脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
・運動器リハビリテーション料(I)
・呼吸器リハビリテーション料(I)
・ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
・がん患者リハビリテーション料
・医科点数表第2表第10部手術の通則の16に掲げる手術
・入院時食事療養(I)

告示・指定

救急、労災、生保、原爆、身障、母子、結核予防、予防接種、神戸市第二次救急協議会

一般事業主行動計画(野瀬病院)

仕事と家庭の両立支援を図ることで、職員全員が自らの能力を発揮できるよう、雇用環境を整備するとともに、働いてみたい病院である。と、社会に認識してもらえる病院になるためにこの行動計画を定める。

計画期間

平成27年4月1日〜平成29年3月31日

内容

『目標1』
所定外労働時間を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する。
<対策>

平成28年4月〜 所定外労働時間の現状を把握
平成28年10月〜 労働安全衛生委員会での検討
平成29年4月〜 ノー残業デーの実施及び院内掲示による職員への周知
(毎月)

『目標2』
男性職員に対し、育児・介護休業、又は子の看護休業取得を推進する。
<対策>

平成28年1月〜 院内掲示による職員への周知

『目標3』
保護者が実際に働いているところを見ることができる子ども参観日を実施する。
(春休み、夏休み等)
<対策>

平成28年1月〜 対象児童の把握とスケジュール作成。
平成28年3月〜 小学1年生から高校3年生までを対象。
病院が社会の中でどのような役割を担っており、保護者の仕事の内容を実際体験してもらう。

『目標4』
女性職員の育児休業取得率を、75%以上にする。
<対策>

平成28年1月〜 産前産後、育児休業制度についての制度説明。
院内掲示板による職員への周知。

平成28年1月1日


トップページに戻る